スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月1日~2日 下呂→高山ふらり旅☆1日目☆

この週末は会社の創立記念で金~日と3連休で、嬉しい平日休み
年明けからずっと忙しくて疲れてたので、温泉でまったり癒されることにしました

温泉といえどもこの付近にはたくさんいいところがあって、どこに行くか悩みました。
手軽に行けてそれなりに観光も楽しめるということで、下呂温泉にしました。
さらに、下呂のついでに2日目は飛騨高山まで足を延ばすことにしました。

せっかくのんびり過ごすなら、たまにはちょっといい旅館で・・・と思ったけど、高いんですよね。旅館って。
いろいろ悩んだあげく、水明館というところに宿泊しました。
でも少しだけ奮発して部屋食で♪

ただし、部屋食でちょっと奮発したので、交通費は浮かそうと思い、在来線で行き、帰りはバスというプラン。
これが、びっくりしたんですが、うちから下呂まで在来線だと片道2000円なんですよね~。
3時間くらいかかっちゃうんですけど、2000円ならいいかな、と思います。
こんな安かったのね。
今まで車での移動しか考えたことなかったけど、公共交通機関でこれほど安くいけるとは・・・。
もっと早く知ってれば、無駄なお金を使わなくてすんだのにね。
地元の高知だと、公共交通機関が発達していないからか、どうしても車で移動してしまうので、その感覚が抜けなかったんです。
7年目にしてやっと、車旅から抜け出せました。
ま、トシってのもあるのかな。楽したい・・・。

というわけで、朝一で電車に乗り、下呂まで行ってきました。
まずはホテルに荷物を預け、下呂の街を散策。
と、その前にお昼ご飯。
下調べもしてなかったので、水明館の中にあるレストラン「BARDENバーデン」でランチにしました。
飛騨牛のハンバーガーを食べたのですが、美味しかった!
マックとは比べものになりませんね。
ただ・・・水が変な味だったのが気になります。
温泉水とか?!
鉄分を含んでるような、不思議な味で飲めませんでした。。


ランチの後は、いよいよ下呂の街を散策です。
下呂には何があるかというと…そんなたいしたものはございません。
とりあえず合掌村へ行ってみました。
白川郷の小さいバージョンという感じのところです。
旅館から歩いて20分くらいでしょうか。。意外に遠かった。上り坂だったし。

その名の通りで合掌作りの家が立ち並ぶところ。
合掌村


白鳥座?という大衆演劇場があり、たまたま舞台が始まったので、入ってみました。
1時間くらいの内容だと思っていたら、2部構成の2時間ちょっとの舞台。。
意外に長い。。
そして初めての大衆演劇にとまどいました。。

おひねりとか本当に投げてる!
着物に挟んでる!
女形の人がきれい!
動きがしなやかでセクシー!

子供が立ち回りしてる!
かわいい~~!!

後で調べたところによると、キレイな女形の方は、まだ18歳の若者という・・・
なのに、なぜあんなにセクシーなのか。。
見習っていかねば。。

この演劇で時間を食ってしまい、他の展示品を見た頃には17時。。
蛍の光が流れてきて、合掌村の開園時間は終わってしまいました。

そのあと、下呂の街が一望できるという温泉寺へ向かったんですが、17時までということで間に合わず。。残念。
しかたないので、早めに旅館に戻ることとしました。


旅館に戻ってチェックインをすると、
仲居さんが部屋まで荷物を持って案内してくれます。
さすが。。ちょっと感動。
水明館1


そして、部屋食の時間を決めて、いざ温泉へ!

水明館には展望風呂、野天風呂、檜風呂の3つの温泉がありました。

まずは展望風呂へ。
屋内だけど、上階にあり、旅館前の川などが一望できるお風呂でした。
まだ早い時間だったからか、人もいなくて、一人でゆったりと入れる♪
プールみたいに泳いでみたり。
気持ちよかった~♪

お風呂からでた後、部屋に戻ると、食事の用事がされていました。

水明館ご飯

おいし~~!
最初、これだけ?!って思ったけど、次から次へと出てくる出てくる。。

水明館ご飯2

飛騨牛のステーキは脂がのっておいしかった♪
ん~~~~。。
至福のひととき☆


ご飯食べた後、再度温泉に行こうと思ってたんですが、満腹で眠気に襲われ・・・早々に就寝することに。
そう思ったとき、ちょうどお布団を敷きに来てくれて、至れり尽くせりです。


翌朝、ご飯を食べた後、残りの2つのお風呂をハシゴしました。
気持ちいい~~~
野天風呂はさすがに寒かったけど、でも気持ちよかった。

そういえば、
野天と露天の違いってなんんだろう…。
調べたところによると、同じ意味ですが、野天のほうがより自然が多い環境にあるお風呂らしい。

2時間ほどかけてゆっくり温泉に入り、高山に移動するべく部屋に戻って準備をしていました。
そしたら、ドアをたたく音が。
誰だろう?
と出ると旅館の方で、旅のお供にと温かいお茶をパックに入れたものをくださいました。
これまた良いサービスで。。


スポンサーサイト

COMMENT

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:http://from26yearsold.blog4.fc2.com/tb.php/323-80a423b1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。